子供の皮膚病

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひ(伝染性膿痂疹)は、ばい菌(黄色ブドウ球菌、レンサ球菌など)で起こる皮膚の感染症です。

夏に多い病気で、水ぶくれやカサブタを伴った赤い発疹がどんどんうつって増えていきます。

治療は?

塗り薬だけでは完治しない場合も多く、抗生物質の内服が必要となります。多剤耐性ブドウ球菌による難治性の症例もあり、治癒までに時間がかかることもあります。当院では必要に応じて細菌検査を行い、適切な抗生物質を処方するようにしています。症状がひどい場合は学校をお休みしたほうがよい場合があります。

●診療科目

皮膚科 形成外科 アレルギー科

●診療時間

月・火・木・金
午前 9:00~12:00 (予約受付時間 8:30~11:30) 午後 15:30~19:00 (予約受付時間 15:00~18:30)
午前 9:00~13:00 (予約受付時間 8:30~12:30)
休診
水・日祝日

●窓口受付時間

午前 8:45~12:00
(土曜日 8:45~13:00)
午後 15:15~19:00

●お問い合わせ

TEL : 0569-89-2215

●所在地

〒479-0831
愛知県常滑市錦町3丁目35番地の1