大人の皮膚病

イボ(尋常性疣贅)

イボは手のひらや足裏にできる事が多いですが全身のどこにでもできます。ウイルス性ですので触っていてほかの部位にうつってしまう事があります。放置すると、どんどん大きくなったり、徐々にイボの数が増えてゆくことがありますので、悪い病気ではありませんが、早めに治療したほうがいいでしょう。

また、床やスリッパなどを通じて他人にもうつすことがあります。特にアトピー性皮膚炎や手荒れの方は引っ掻いたりしてうつりやすいので注意が必要です。特殊なウイルス性イボとして青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい:顔やすね、前腕などに多発するイボ)などもあります。

分かりにくい場合はダーマトスコピーという特殊なレンズを使用して診断します。

治療は?

第一選択として液体窒素が最も一般的です。

痛みを嫌がる小さなお子さんには貼り薬や塗り薬、漢方の内服などもあります。

普通は数ヵ月、場合によっては数年という単位の時間がかかります。

●診療科目

皮膚科 形成外科 アレルギー科

●診療時間

月・火・木・金
午前 9:00~12:00 (予約受付時間 8:30~11:30) 午後 15:30~19:00 (予約受付時間 15:00~18:30)
午前 9:00~13:00 (予約受付時間 8:30~12:30)
休診
水・日祝日

●窓口受付時間

午前 8:45~12:00
(土曜日 8:45~13:00)
午後 15:15~19:00

●お問い合わせ

TEL : 0569-89-2215

●所在地

〒479-0831
愛知県常滑市錦町3丁目35番地の1